立場によっても変えるべき

あらゆる冠婚葬祭には、ある一定のマナーがあります。例えば、お葬式の際には黒い喪服を着用しなければなりませんし、真珠以外のアクセサリーは身につけてはいけません。爬虫類などの革製品の靴やバッグは、殺生をイメージさせるので厳禁です。また、結婚式の場合には、花嫁衣装と同色である白い服を着てはいけません。また、お葬式の場合とは反対に、アクセサリーを身につけないことはマナー違反となってしまいます。お祝いの気持ちを表すために、できるだけ華やかにドレスアップすることが求められているのです。このように、冠婚葬祭にはさまざまなマナーやしきたりがありますが、参列者は自分の立場によっても、一定の範囲内で決まり事を変える必要があります。例えば、振袖の場合を例にとってみましょう。振袖は未婚女性の正式な礼装ですが、参列者の立場によっては、ふさわしくない装いだと見なされてしまいます。結婚式の花嫁が会社での自分の部下だというケースを考えてみてください。部下の結婚式に、上司が振袖姿で参列するということは、立場上おかしくないでしょうか。たとえ、その上司が二十代の未婚女性であっても、このような状況下においては、振袖は着るべきではないのです。もちろん、自分が目下の立場として出席する結婚式であれば、振袖を着用しても何の問題もありません。しかし、新郎新婦と自分の関係次第では、一般的には常識とされていることも変える必要性が生じるのです。ですから、まずは冠婚葬祭の基本のマナーを知ったうえで、それぞれのケースに応じて、その場にふさわしい装いやふるまいをする必要があります。その場合に基本となるのが、式の当事者と自分との関係性です。これは、年齢や性別だけでは判断できるものではありません。学校や職場、親戚や近所付き合いなど、それぞれの立場によって事情は大きく異なります。それぞれの状況にふさわしい行動を選択できることが、大人として当然に求められることなのです。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.