和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ悩むことが多々あります。 結婚式に出席する場合、結婚式の格でいろいろな選択肢があります。特に女性の場合、結婚式場の格や未婚と既婚で着用する服装で差があります。特に和装で出席する際、未婚女性は和装では振袖を、既婚女性は黒留袖や色留袖を着ることになっています。但し、年齢や出席する関係によっては訪問着を着る場合もあります。洋装で出席する場合は、カクテルドレスやドレッシーなワンピース等を着ますが、未婚、既婚の区別はないようです。 また、葬儀やお通夜では、和装、洋装共に区別はあまりないようです。和装で出席の場合、黒喪服は遺族が着用しますので、地味で地紋がないグレーや濃紺、抹茶等の色無地に袋帯や名古屋帯の黒帯を締めます。更に略式では地味な小紋に黒帯を締めます。 洋装でも未婚、既婚の区別無く、一般的な黒の礼服やグレーや濃紺、ベージュ等の地味なワンピースやスーツを着用します。 出席する際に相手と自分の関係を踏まえて着用する服装を考えていけたら良いかと思われます。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.