葬儀と告別式での違いも

ある人が無くなったというような場合には葬儀が行われることとなりますが、この葬儀ひとつとっても、そこには確固たるマナーが存在しています。 特に忘れがちなのが「葬儀」と「告別式」の違いです。 最近だと葬儀と告別式が混同されることも少なくはないのですが、本来のこれら二つの儀式は全く性質が異なるものなのです。 ではどういったポイントが異なるのかというと、最大の違いとなるのが「葬儀は故人の冥福を祈る」ということが目的であるのに対し、告別式は「故人に対して最後のお別れを告げる」ということが目的になるということです。 告別とは正に「別れを告げる」ことであり、どちらかといえば参列者など、故人を送り出す側の人が主役になるものとして考えることができます。 さて、これらの儀式の中では当然ながらふさわしい服装を意識しなくてはなりませんが、ほとんどの場合、どちらの儀式であっても「喪服であれば問題ない」というような扱いを受けることとなります。 つまり男性であればブラックスーツに白いワイシャツと黒いネクタイ、女性であればブラックスーツか黒いワンピースが基本です。 女性の場合も黒がベースになることは変わりませんが、ハンカチに関しては男性が白色を基本としているのに対し、女性の場合は白、黒、グレーのいずれかであれば失礼には当たらないとされています。 最近だと葬儀に関しては密葬、つまり家族や親族、ごく近しい友人などのみを招いて小規模で行い、告別式だけを別として行うというような形を選ぶ人もかなり増えてきていますから、招待状や遺族からの連絡などを確認したうえで、ケースバイケースの判断を行うことも重要となります。 またこうした儀式に関してはそれぞれの地域における特性も存在しており、例えば関東圏では御法度とされるブーツでの参列が、北海道などの北国の冬になると慣例的に容認されているというような違いも出てきます。 そのためもしマナーに不明な点があるのであれば、思い込みで決めてしまわず、詳しい人に確認を取るようにした方がよいでしょう。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.