黒いならOKの考えは

冠婚葬祭の場において、男性の服装は基本的に「黒いスーツ」ということになります。 ダークスーツやブラックスーツなど、黒いスーツといってもさまざまな種類があるのが実際なのですが、中には「黒いから大丈夫だろう」というような考えで、冠婚葬祭の場に臨むというような人もいます。 ですが実際には、そうした考え方は常に正しいというわけではありません。 まず結婚式の場においてですが、男性が着用するべきとなるのは「ブラックスーツ」や「ダークスーツ」というマナーがあります。 例えカジュアルな場であったとしても「ビジネススーツ」を着用していくことは認められません。 黒いビジネススーツであったとしても、実際にダークスーツやブラックスーツと並んでみると色が淡く、生地も格が落ちるものが多いのです。 そのため「黒いからOK」というのは、結婚式の場では正しいものではありません。 また葬儀の場合にはどうなのかというと、これはまず通夜の段階で注意をしなくてはなりません。 通夜というものは基本的に「突然訪れるもの」とされていますから、あまりにも形式ばったブラックスーツを着ていくことは却って失礼にあたることがあります。 それはなぜかというと、突然訪れてしまった通夜の場に、完全な喪服を来ていくということは「死ぬのを待っていたのではないか」という発想に繋がってしまうからです。 最近だとこうした考え方をする人は少なくなってきていますが、ある程度お年を召した方だと「通夜の場に喪服を着てくることは非常識だ」という考え方を持っている人もいます。 そのため通夜の場に関しては、濃紺やダークグレーなど、「取り急ぎ準備をしてきました」というような簡単なフォーマルファッションの方が無難となります。 反対に葬儀の場合は事前に日取りがわかっているわけですから、濃紺やダークグレーのような服装は「葬儀の準備をしなかった」というような印象を与えることになります。 そのため、葬儀の場合はしっかりとしたブラックスーツで参列することが鉄則となるのです。 「服装一つのことなのに細かすぎる」と思う人もいますが、服装はその人の心を表すものとして扱われています。 普段の場ではどのような格好をしようと個人の自由ですが、冠婚葬祭の場では誰かを不快にさせてしまわないようにくれぐれも気を使いましょう。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.