装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき事柄が多いのですが、注意したいポイントとして装飾品があります。 特に困ってしまうのが厳粛な雰囲気のあるお葬式の際の服装かと思われますが、装飾品の扱いは和装か洋装かによって左右されます。まず和装の場合はアクセサリーを身に着けないのが基本とされています。その為、和装で参加する際には余計な物は着けない方が良いでしょう。一方、洋装の場合はアクセサリーを付けても良いとされています。むしろ洋装はアクセサリーを身に着けてこそ正式になると言われています。ただし、派手なデザインのアクセサリーは厳禁です。一般的には真珠のネックレスなど、控えめなアクセサリーが用いられる事が殆どです。 結婚式の際にも装飾品に関するマナーがありますが、大切なのが花嫁とは被らないようにする事です。花嫁が主役ですので、花嫁と同じにならない事はもちろん、花嫁よりも派手な装飾品は避けるのがマナーと言えます。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.