非常識にならないように

人が生きていく中では人との縁が出来ることとなりますが、冠婚葬祭はそうした「人と人の縁」を象徴する存在となります。 子どもであるのであればまだしも、大人となった人には冠婚葬祭の場においても「常識的な振る舞い」が求められることとなりますから、「非常識な振る舞い」をしてしまうと、自身の評価を著しく傷つけることにもなりかねません。 では冠婚葬祭の場において非常識とされるのはどういった振る舞いなのかというと、まず最初に気をつけなくてはならないのが「参列時の服装」です。 まず結婚式の場であれば「白」と「黒」の二色に関しては、特に気をつける必要があります。 白一色の服装は花嫁のドレスにだけ許された特権とも言える姿ですし、黒一色の格好は「喪服」をイメージさせるため、祝いの席にはそぐわない非常識なファッションです。 男性の場合は基本はスーツとなりますが、この場合には礼装としてふさわしいブラックスーツやダークスーツが求められることとなります。 中には「ビジネススーツしかない」というような人もいるのですが、ビジネススーツは仕事における「作業着」や「制服」のようなものなのですから、大人なのであればしっかりとしたブラックスーツ、ダークスーツでなくては、これもやはり「非常識」と見られることとなります。 次に通夜・葬儀の場においてですが、基本中の基本となるのが「喪服を着用する」ということです。 通夜に参列する際、女性の場合は今夜グレーなどの地味な色のスーツやワンピース、男性の場合は濃紺やダークグレーなどのダークスーツが基本です。 葬儀・告別式の席では通夜よりもしっかりとした服装が求められ、女性の場合は黒のワンピースやアンサンブル、スーツといったような服装が必要とされ、男性の場合はブラックスーツが基本となります。 どうして通夜と葬儀・告別式で服装が違うのかというと、これは「通夜は急に行うもの」であるからです。 そのため「取り急ぎ駆けつけた」ということが少なくないため、最低限のフォーマルファッションであれば問題ないとされています。 しかし葬儀・告別式の場合は事前に日取りがわかっているわけですから、しっかりとした礼装が求められることとなるのです。 現在ではこうした服装については貸衣装屋から借りることも可能ですが、万が一の際に非常識と言われるようなファッションで参列することのないよう、事前の準備をしておいた方が良いでしょう。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.