参列するのにも服装は守るべき事が多い

そもそも喪服というのは、遺族が喪に服していることを表している服装のことを意味します。ですから葬儀等に参列する場合には、故人を偲ぶ意味も込めて、略式の礼服をきるのが礼儀となっています。

ここで重要になるのは正式な礼服を持っていたとしても、葬儀等に出席するときは略式の礼服の方がいいということです。

それは葬儀に参加している親族よりも格が上の服装をしてしまうのは失礼にあたってしまうので、略式の礼服を着用する必要があるという意味になります。

出産祝いにはギフトラッピングも
キレイにラッピングでより贈る気持ちをのせて

このように葬儀で服装に気をつけているつもりでも、しっかりとしたマナーの知識がないと知らない間に失礼なことをしてしまうかもしれません。

通夜や葬儀など場面によって許される服装とマナー違反になることがあるので事前に知っておくことはとても大切です。

まず仮通夜の場合ですが、仮通夜は無くなった直後に行われるものなので地味な平服で大丈夫です。不幸を聞いて取り急ぎ駆けつけることになるので、この場で喪服を着ていくのは逆に不幸を予期していたと思われて失礼にあたり、記を使っても服を着たはずが返っておかしいということになってしまいます。

地味な平服でかまいませんが、目立つアクセサリーなどは外すしておくのがマナーです。

鼻を整形には「美のプロ」に
鼻は顔の目立つパーツだからこそ、「美」のプロに

次に通夜の場合ですが、これも取り急ぎ駆けつけるという意味合いが大きいのですが、時間的に何日か余裕がある時には葬儀や告別式と同様にも服で出席するのが一般的になっています。

葬儀に参加するときの男性の服装ですが、スーツはダブルやシングル、三つ揃いなどどの形でも大丈夫です。ワイシャツは柄のない白シャツを着用し、黒の無地のネクタイを締めましょう。ネクタイピンはつけないのが通例になっています。

靴は黒の金具などの装飾がついていないものを履くようにしましょう。

アクセサリー類については外しておいた方がよく、時計やブレスレットなどゴールドの物も避けた方が無難です。

育毛剤を使う女性のためのランキング
年齢などを考えた育毛剤のおすすめなども紹介

女性が葬儀に出席する場合は、黒のワンピースやスーツなどで肌をあまり見せない服装が原則になっています。夏場でも五分袖を着用するなど極力肌を出さない服装がマナーです。

ストッキングや靴も黒いものを使用しましょう。

また葬儀の時のメイクですが、濃いメイクやネイルなどはさけ、香水なども控えましょう。

このように葬儀の時には服装について知っておかなければならないことがたくさんあります。

基本的には黒で地味な服装ならば大丈夫ですが、失礼にならないように気をつける気持ちも大切です。

詳細ページ

喪服を持っておく必要を

最近、子育て中の30代夫婦であっても・・・

親族か友人かなどで

冠婚葬祭では、その時々で親族か友人かなどの・・・

和装と洋装での区別も

冠婚葬祭では出席する際に服装でいろいろ・・・

装飾品は極力

冠婚葬祭のシチュエーションの際には何かと守るべき・・・
Copyright(c) 2015 参列するのにも服装は守るべき事が多い All Rights Reserved.